狭い!東京マンション暮らし!〜快適な住まいへの改造プラン〜

僕は高校を卒業してから上京し東京に住んでいる。東京という町はちょっと見ないうちに工事が始めまり、ちょっとみないうちに新しいマンションがたっている。こんなにも新しいマンションをいっぱい建てて需要はあるのかと思っていたが、のちのちポストなどを見にいくといつも満員御礼のようだ。この理由がしりたくて知り合いの不動産屋さんに尋ねてみた。
返ってきた答えはいったってシンプル。バブル期時代に比べて、建築資材をだいぶ安く仕入れているみたいで、建物自体がだいぶ安い値段で売られているらしい。もうひとつの理由にはローンの金利らしい。昔に比べほぼ金利がない状態なので、長期ローンを組んで購入する人や、投資目的で先行投資をする人が多いようである。特に東京に住む人に多いのが先行投資目的だそうで、そういう話しがよく訪問販売の人や広告、口コミなどで地方に比べて多いみたいである。この話しを聞いてとても納得した。これからの時代、ただ何にも考えないで生活していくのではなく広い視野をもたないと取り残されるなと実感した。
Copyright (C)2014狭い!東京マンション暮らし!〜快適な住まいへの改造プラン〜.All rights reserved.